個人で車を売るメリットとデメリット

個人で車を売るメリットとデメリットについて調べてみました。

個人売買のトラブル例

車を個人で売る場合は中古車市場で販売されている金額を同じくらいの金額で車を売ることが可能ということです。

少しでも車を高く売りたい場合に有効な手段と言えますが、車を個人で売る場合や買う場合はトラブルリスクもかなり高くなります。

トラブルパターンを知ってトラブルに備えることが大事です。

車の個人売買で多いトラブル例に自動車税に関するトラブルがあります。

特に3~5月頃に取引した場合にトラブルまで発展するケースが多くなっています。

 

税金はトラブルの原因

自動車税というのは4月1日の段階で車の所有者になっている人が支払わないといけない税金のことです。

車を売る側が4月1日を超えて名義変更した場合は車を売った側に自動車税の請求が来ることになります。

反対に4月1日の段階で名義変更が出来ている場合は車を購入する側に税金の支払い義務が生じることになります。

互いに自動車税の仕組みを知っている場合はトラブルにまで発展するケースは少ないのです。

どちらかが自動車税の仕組みを知らない場合やどちらも自動車税の仕組みを知らない場合は後から自動車税の請求が来ます。

支払いを巡ってトラブルになるというものです。

また、同じく税金関係で多いトラブルとしては、自動車取得税と呼ばれる税金を巡るトラブルです。

これは自動車を取得した際に支払が必要になる税金のことで、自動車取得税は古い車ほど課税金額が高くなります。

古い車を売る場合は自動車取得税についての説明を事前に先方に伝える必要があります。