個人で車を売るメリットとデメリット

個人で車を売るメリットとデメリットについて調べてみました。

個人で車を売るメリットとデメリット

車の売買

個人で車を売るメリット


車を売る方法にはいろいろあります。

いろいろある方法の中で最も高く車が売れる方法と言えば、個人で車を売る方法です。

昔は個人で車を売ると言っても知人や友人に頼って車が欲しい人を探してもらって個人売買するというのが一般的な方法でした。


最近ではインターネットが普及したことによって、インターネットを使って不特定多数の人を相手に車を売ることができるようになっています。

個人で車を売る場合に車買取業者に車を買取ってもらう場合と比べて高く車が売れる理由としては、中間マージンが必要ないということが大きく影響しています。

中間マージンが不要なことによって車を高く売れる仕組みとなっています。


中間マージンの考え方としては中古車販売店に車を売った場合などを想定すると分かりやすいと思います。

中古車販売店に車を売った場合に10万円で車が売れたとして、10万円で車を買取った中古車販売店は整備をして買取った車を売り出すようになります。

その時に、10万円で買取った車が20万円くらいで販売されるようになります。

この差額分が中間マージンと呼ばれている部分で、この差額を中古車販売店は収益としているわけです。

個人売買で車を売る場合は業者を中に通さないで良いことから、このケースだと中古車販売店で販売されている20万円くらいの金額で車を売ることができるようになります。

車買取業者に売るよりも高く車が売れる可能性が高くなりますが、自分で自由に売る金額を設定できるのも個人売買の魅力と言えるでしょう。


 

個人で車を売るデメリット


中古車売買は業者を通してもトラブルが多いと言われています。

中古車はその中古車がどのようなオーナーが乗ってきたかという情報や故障・事故歴などの状態が分かりにくいという性質があります。

車について知識があまり無い人は特に中古車売買のトラブルに巻き込まれやすいという特徴があります。

最近では個人で車を売る人が増えています。

これはインターネットの普及によっていろいろな人を対象として車を売ることができる環境が作られたことが大きく関連しています。

これによって中間マージンを不要とする車の売り方ができるようになりました。


車を高く売るという面から考えるとメリットは高いと言えます。

不特定多数の相手が対象となるというところに危険性もあります。

これが個人で車を売る上でデメリットと言える部分でもあります。

車を売った後で故障したというクレームが入る場合や返品したいという申し出がある可能性もゼロではありません。

基本的に車の個人売買の世界においてはノーリターンノークレームが常識となっています。

すべての人にこの常識が通用するわけではないので、もちろんリターンやクレーム対応に追われる可能性はあります。

また、車買取業者に車の買取をしてもらう場合はリアルタイムで車の買取をしてもらうことができます。

個人で車を売る場合は買手が見つからないことには売れないので、在庫を抱えた状態が持続する可能性もあります。

新しい車を購入して車を売る場合は早めから売る準備を始める必要があります。


 

個人で車を売る人のための支援業者


インターネットの普及によって車を車買取業者に売るという方法ではなく、個人に対して直接車を売るという選択肢が増えることになりました。

個人で車を売ることができるようになったことで高く車を売ることができるようになった反面、個人売買ならではのトラブルリスクも高くなっています。

車売買に対しての知識が豊富にある場合は、個人売買で特に注意する点はないと思います。

車売買に対しての知識があまり無い場合はトラブルが多く発生する可能性もあります。

できれば車売買に対しての知識を十分に身に付けてから個人売買をするようにしたいところです。

少しでも車を高く売りたいという思いと、車を売らないといけない時期が決まっている場合は車売買に対しての知識を身に付けてから車を売ることはできないと思います。

どうしても個人売買にこだわるなら個人で車を売買する人を仲介してくれる業者に依頼して個人売買することをおすすめします。

最近では車を個人で売る人や個人で買う人が増えたことによって、こうした仲介業者も増えています。

中古車買取業者と違って仲介業者に車を売るわけではないので、手数料がかかっても中古車買取業者が持って行く手数料に比べるとかなり手数料は低くなっています。

サポート内容によって手数料が異なってくるのが個人売買の仲介業者の特徴となっています。

そのため、自分の車売買知識に応じたサポートを受けることが出来るというメリットがあります。



 
  • トップページ